【通り池】駐車場・アクセス・住所・滞在時間 -【下地島観光】




海岸線下地島を代表する観光スポットで、国指定天然記念物(地質・名勝) に指定されている通称「通り池」。

海岸線に沿って空いた二つの縦穴は「不気味さ」と「美しさ」を合わせ持った不思議なスポット。

また、この二つの穴は下で海とも繋がっており、釣りをする方もいれば、ダイビングをする方もいるというから驚き。

今回はそんな不思議な天然記念物「通り池(とおりいけ)」を紹介します。

アクセス

「通り池」までは宮古空港から「伊良部大橋」を渡り22km、車で30分弱の距離、近くには下地島を代表とする「17END」や「帯岩(おびいわ)」と行った観光スポットもあるので、合わせて行くのもいいかもしれません。

もちろん「下地島空港」からも近く、下地島空港を利用した際は車で14分ほどの距離ですので気軽に行ってみてはいかがでしょうか。

アダンのトンネル

「通り池」は「アダン」のトンネルを抜けた先にあります。

「アダン」とは沖縄の海岸近くによく自生する植物で、トゲのある葉があり、夏になると甘い香りを放つ橙色の果実をつけます。

熟す前は緑色をしていますが、熟れるとオレンジ色になり形も「パイナップル」に似ております。

アダンのトンネル

熟す前のアダンの身

日本では沖縄県と九州の一部でしか見ることが出来ない「アダン」。

沖縄本島でもこんな「アダン」のトンネルは見たことが無いので、貴重な体験となるのではないでしょうか。

これが「通り池」

グールグMAPで見た図ですが、通り池が二つあるのが確認できます。

下地島空港の西側に位置し、穴の大きさも大きいので、空港を利用する際の離発着時には空の上から見えるかもしれませんね!!

実際の写真はコチラ

穴の大きさが余りにも大きく、写真では全然雰囲気を表現出来ないのが残念ですが。

一言で表すなら「神秘的」。

そして次に「コレは落ちたら 助からないな・・・。」という思いが込みあがって来ます。

海側の「通り池」

空港側の「通り池」

ダイビングスポットとしても人気の「通り池」ですが、二つの穴が海底で繋がっているのにも係わらず、実際にダイビングで利用されるのは手前の「海側のみ」。

「陸側の通り池」は殆どダイビングに利用されないそうです。

なんでも、陸側の池の方は昔子供を投げ入れた、通称「継子伝説」という言い伝えがあるとか・・・。

穴に落ちたら余計に助かる自信がないですね・・・。

昔、下地島に住んでいた漁師が妻に先立たれ、残った子を育てるために後妻を迎えた。三人は仲良く暮らしたが、やがて自分の子が生まれると、後妻は先妻との間の継子を疎ましく思うようになった。ある日、男が漁に出かけると、継母は二人の子供を通り池に連れ出し、継子の兄を滑りやすいつるつるとした岩場に、実子の弟をごつごつとした岩場に寝かせた。継母は夜中につるつるとした岩場に寝ていた子を通り池に突き落とすと、残った子を背負って一目散に家へと走り出した。すると、兄弟がいないことに気づいた背中の子は、継母にこうたずねた。「弟はどうしたの?」優しい兄は、岩がごつごつして眠れないという弟と場所を変わってやっていたのだが、継母はそれを知らずに自分の実子を池に突き落としたのだった。間違って我が子を殺したことに気づいた継母は、自分も通り池に飛び込んで命を絶ったという。これは、海側の池にまつわる話で、現在でも池のそばには「ママ子台」と呼ばれる岩場が残っている。

「継子伝説」wikiより


バリアフリーの遊歩道

「通り池」は宮古島・下地島の観光地では珍しく、遊歩道が整備されバリアフリー化となっております。

今回訪れた際も、車いすを利用している方と数人すれ違いました。

ちなみに遊歩道の奥は素敵な「オーシャンビュー」が待っているわけでは御座いません。

ゴツゴツとした岩肌が待っているだけです。

今回訪れたのは12月の初旬で涼しかったので遊歩道の奥まで行きましたが、これが真夏となると汗だくは必死!!。

ギンギラギンの太陽の下、影一つない遊歩道、進んだ先はゴツゴツとした岩肌だけ、と考えただけでいく気を無くしてしまいます。

遊歩道の先端の風景

滞在時間

今回子供を連れて「通り池」と遊歩道の奥まで行きましたが、1時間かからないぐらいでした。

大人だけでしたら、30分もあればサラッと回れるのではないでしょか。

また、通り池の近くには休憩スーペースのあずまやも御座います。

住所・駐車場・トイレ

住所

「通り池」には決まった住所が御座いません。

グーグルで検索しても「〒906-0507 沖縄県宮古島市伊良部字佐和田」と表示されるだけです。

観光で行く際、ルートを調べる際は「グーグルMAP」で「通り池」と検索する方が一番よいかと思います。

駐車場

駐車場は意外にも整備されおり、大型バスも駐車可能なスペースも御座います。

もちろん駐車料金は無料で24時間解放されております。

解放されてるとはいえ、こんな所でキャンピングカーで寝泊まりはしたくないですね。

トイレ

下地島の観光スポットでは唯一「トイレ」が整備されおり、男女別で多目的トイレも御座います。

多目的トイレの様子を確認しようと思いましたが、オフシーズンのせいなのか、残念な事に鍵がしまっており、確認できませんでした。

また、男子トイレ、女子トイレは開いており、トイレ内も綺麗に保たれておりました。

トイレ外観

男子トイレ内

口コミ(Instagram)

 

View this post on Instagram

 

. 木のトンネル道抜けたら 通路の両端に池2つ🙂 . #絵描き歌みたい w . #沖縄 #宮古島 #通り池

..🔸💠 A S A M I💠🔸..さん(@xsxmx)がシェアした投稿 –

「帯岩」まとめ情報

  • 名前:通り池(とおりいけ)
  • 住所:沖縄県宮古島市伊良部字佐和田
  • 営業時間:いつでも行ける
  • 駐車場:有り
  • 滞在時間:30分程度
  • バリアフリー化:有り

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です