【吉野海岸】アクセス・駐車場・レンタル情報・ビーチの様子




観光本やインターネット上では高確率で掲載される「吉野海岸」、おそらくサンゴ礁やそこに生息する生き物の数では、宮古島のメジャーな海岸ではTOPクラスではないでしょうか。

だけど、地元住民はあまり行かない?。そんな「吉野海岸」を紹介します。

吉野海岸とは

宮古島の東平安名(ひがしへんな)崎の手前約5キロにある東向きのビーチです。

特にシュノーケルのポイントとして人気のあるビーチで、宮古島のメジャーな海岸の中でも特に透明度が高いポイントとして知られております。

ビーチからすぐにサンゴ礁が広がっていており、さながら「入水数秒で天然の水族館」と言った感じです。

ビーチの様子

ビーチで遊ぶというよりも、シュノーケリングを楽しむ方が多い様子です。

海も遠浅なだけに、「前浜ビーチ」のようなマリンレジャーを楽しむ感じは無いようです。

ビーチの様子

ビーチ内にレンタル屋は御座いますがそのほとんどが、シュノーケリングに特化した物です。

また、私が今回「吉野海岸」に行った際、ビーチには飲食物を提供してくれるお店は見当たらなかったです。

ビーチ内のレンタル屋

各種ツアー

何故地元民は行かないか?

こんな素敵な「吉野海岸」ですが、何故だか地元民は「吉野海岸」にはあまり行きません、それは何故なのか?私なりに考察してみました。

駐車場の問題

「吉野海岸」が宮古島で唯一?駐車代金(500円)が発生する場所です。

宮古島で唯一この場所でしか「シュノーケリング」が出来ないのなら地元の方も来るかと思われますが、残念ながら宮古島海に囲まれているため何処でも「シュノーケリング」が出来る状況、わざわざ駐車料金(500円)を払ってまで来る地元住民は多くはないです。

近くに「新城海岸」がある

直線距離で約3km先に「新城海岸」があることも原因の一つとして考えられます。

「新城海岸」は「吉野海岸」と似てサンゴ礁等が多い事で知られております。

しかも「新城海岸」は駐車場が無料海の家の数も多いこともあり、そのような理由で地元住民は「新城海岸」の方に行くのではないでしょうか?

ビーチにトイレがない

トイレは駐車場にあるのみでビーチには御座いません。

トイレに行く際は、駐車場~ビーチまで専用のシャトルバスで行く事になります。

距離にして、650m グーグルマップでは分かりづらいですが、起伏が激しい道のりです、歩くのは大変です。

お腹が弱い方には死活問題ですね。

ビーチから駐車場までは遠い

分かりづらいと思いますが、奥の車がシャトルバスです。

何往復もするシャトルバス

口コミ

駐車場に車を停めて、海岸までは送迎の車で行くシステムみたいです。 売店で魚の餌が売られていました。 説明を受けて海に入れてみると、竜宮城状態で圧巻です。 ここにもニモがいました。 トイレが海岸にないので、毎回駐車場まで行くのが苦痛ですが、一度は行く価値はあります。

すぐに魚が泳いでいるのが見え、簡単にシュノーケリングできます。珊瑚がたくさんなのでそれなりの装備が必要ですが全てレンタル可能です。珊瑚の上は歩ける場所もあります。

海岸の下に無料駐車場があるが、
そこに止めるため有料の駐車場の前を通ると、とめられる。
おっさんに追いかけられたので、話をきくと、
下の駐車場は地元民しか使えない。サーファーが使用しているから停めないで!
などいわれ、こんな場所でサーフィン??と思いましたが怖かったので
渋々500円払い、海岸に行くと無料駐車場はガラ空き。
あの業者が海へと続く道等を私有化しているのですね。たしかに駐車場にはシャワーとトイレがついていますが、あれは公衆シャワー&トイレではないのでしょうか?
もう2度と行きません。滞在時間は30分くらいで切り上げ違うビーチを回りましたが、全て無料で公衆のシャワーもトイレも付いていますし、わざわざこちらのビーチを利用する意味はないかな?と思いました。サンゴもあまり元気はなかった。
海で不快な思いをしたのは初めてです。宮古の恥だと思います

トイレ シャワー

先ほどもお伝えしましたが、トイレ及びシャワー室はビーチから650m程離れた駐車場内にあります。

アクセス 駐車場

「吉野海岸」までは宮古空港から19.4km、車で34分の距離です。駐車場は約50台程駐車できるようです。

個人的に上記MAPでおススメしているとおり、東海岸線を走って頂きたいです、宮古島の東側の海は絶壁で結構迫力があります。

海岸線を走ってると「比嘉ロードパーク」が見えてくるのででそこで海岸線の絶景を楽しんでもいいかもしれません。

情報まとめ

名前:吉野海岸
住所:沖縄県宮古島市城辺 城辺新城15-38
駐車場:有り(500円)
トイレ:有り
シャワー:有り(露天)
海の家:有り

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 宮古島(市)情報へ

 

宮古島に来ると太陽で目が焼けそうになります。(目の裏が日焼けした感じになります)
また、真っ白なビーチの照り返しも強く、目が開けられない程です。
宮古島に来る際は必ずサングラスの着用を!!

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です