【17END(17エンド】由来・住所・行き方・注意点を写真付きで紹介




沖縄本島出身者である私もココの美しさには「綺麗」の一言。

おそらくここまでの絶景は「沖縄本島観光」では見る事は出来ないだろう。

宮古島観光に来たら是非ココに行ってほしい!!下地島の絶景「17END(ワンセブンエンド)(イチナナエンド)」を紹介。

17ENDの由来

その前になぜ「17END(ワンセブンエンド)」と呼ばれるかと言うと。

滑走路の文字が由来だと考えられます。

「17END」付近を上空から見ると分かるに隣の滑走路には「17」の表示があるのが分かります!。

これは航空機がこの方向に進入すると約170°(南側)方向に着陸出来るよ!という事を表している数字です。

また、航空用語で滑走路末端の事を「Runway End」(ランウェイ エンド)と呼んでいることもあり、「17の末端」、「17END」と呼ぶようになったとされております。

※ちなみに「いちななえんど」という方もいらっしゃいますが、どっちが正確な言い方なんでしょうか・・・。

でも少し矛盾が・・・。

航空業界に詳しい方なら「Runway 17 approach」の「Runway End」と言えば 「17進入した時の滑走路末端」だから反対側では?という疑問点を抱く方もいます。

私もその方が正しいのでは?と思っております。

皆さんが「17END」と読んでる場所は管制用語的には実は反対側の滑走路末端を指しているかも知れません・・・。

17ENDへの行き方

下地島空港「17END」へは宮古空港から22.5km、車で伊良部大橋を渡り約36分程で到着します。

カーナビで表示されない方は、googleマップに「17エンド「17END」と入れればHITするのでそれを目指して下さい。

なお、MAP上分かりにくいと思いますが、下地島空港「17END」までは途中まで車で行くことが可能です。

宮古空港 ~「17END」

伊良部島 ~ 「17END」

下地島に渡る小さい橋がありますので、それを渡って道なりに真っすぐ行けば到着します。

橋を渡って道なりみ真っすぐ


車両が通行止めに

2019年3月23日、地元住民や観光客に人気のエリア「17END」の車両通行止めが開始されました。

※以前は「佐和田の浜」側からと「通り池」側からの2つの行き方がありましたが、両方バリケードにより封鎖されております。

17ENDの通行止めの理由として県管理事務所は、交通量が急増して接触事故が発生していること、車両の重みで道路がひび割れていることをあげています。

佐和田の浜側

通り池側

「通り池」側に駐車

現在は一番「17END」側に近い、「通り池側」の方に多くの方が路上駐車されているようです。

なお、車両通行止エリアの開始地点には専用の駐車場は無く、また何かしらも問題点が発生しないか心配です。

個人的には嬉しい

以前は調子に乗っているアホが車でスピードを出して走ったりと「危ないなー」と思う場面もありました。

車両の通行が禁止され、車の往来がなくなり、そういう心配が無くなったという事は、小さい子供を持つ私にとっては少し嬉しく思います。

宮古島の絶景の海!下地島空港17END

先ほどの反対側の海と違い、「海の青さ」と「空の藍さ」、そして「砂の白」のグラデーションが見事に融合されております。

気象条件が合えばもっと綺麗な「17END」を見る事が出来ます。

この時がオススメ
・もちろん「晴れた日」
・波が立たない「風が無い日」
・ビーチが顔を出す「干潮時」
・贅沢を言えば「モコモコとした羊雲」がある日

行くなら干潮時に

観光で宮古島に来た際に「天気」は選べませんが、最低でも「干潮時」は調べて来る事が出来ます。

また、17ENDは干潮になると場合によりビーチが現れ歩ける様になります。

干潮時間を調べるのはコチラのサイトです >>潮位表 平良(HIRARA)

潮位表を見なれていない方も多いと思いますが、一日で2回来る干潮時に「タイミング」を合わせて行けばいいです。

※上記図で言うと「潮位」の値が「0ゼロ」に近い時間です。

朔(新月)、望(満月)に当たる日の前後数日間は、潮位の満潮・干潮の差が大きくなる大潮となります、干潮時には大きく潮が引くのでビーチが姿を表します。

どうしても「17ENDのビーチ」を見たい方は潮位表をよく調べてみてください。

干潮時はこんな感じ

干潮時のビーチの様子

今回「17END」に行ったのが(2018年9月23日12:30)干潮時。

先ほど紹介した潮位表で言うと「43cm」の高さです。

時期によっては1桁台の潮位となります、もっともっと潮が引いて全体がビーチとなります。

潮位43cmの17END

17ENDの注意点

他にも色々注意点が御座いますが、大きいポイントとしてはこちらです。

注意点
・周りは海です!トイレやコンビニなどは御座いません。
・シャワーや更衣室も御座いません。
・砂場が多いためシュノーケルには向きません。
・整備がされていないので危険なテトラポットを自力で降りる必要がります。
写真だと分かりづらいですが、海に降りる時のテトラポットが結構急で危ないです。

小さなお子さんが自力で上り下りするのは厳しい状況です。

足場が悪く急斜面

行くならついでに!!

「17END」に行く際に必ず「伊良部島」を通りますが、そちれにある「なかゆくい商店」のサーターアンダギーがオススメです。

私は行く前に買って、ビーチを見ながらゆっくり食べるのが好きです。

値段も安く美味しいので皆さんも是非買ってみてください。

「なかゆくい商店」の情報はこちらから

なかゆくい商店|伊良部島の絶品「おやつ」のサダパンピン「17END」に行く際には是非

2018年7月14日


ランキングサイトに参加中「ポチっと」支援をお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 宮古島(市)情報へ

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です