ベーカリー&カフェ 南西の風|宮古島シギラリゾートのおしゃれパン屋




宮古島の「シギラリゾート」と言えば、言わずと知れたリゾート地。

最近益々開発が進み、ホテルやヴィラ等の商業施設が次々に建設、そんなリゾート地シギラに2018年7月8日、オシャレなパン屋。

BAKERY & Cafe「南西の風」がNEW OPEN!

さすがリゾート地に立つパン屋、宮古島に建つどのパン屋よりも「オシャレ」といっても過言では御座いません。

店舗情報

BAKERY & Cafe「南西の風」は宮古空港から8.1km、車で15分程の距離で、近くには「琉球の風・屋台村」や「ドイツ文化村」が御座います。

運営はシギラリゾートを手がける「株式会社ユニマットプレシャス」。

リゾート地を運営する会社が創る「パン屋」、素敵な予感しかしません。

南西の風 外観

外観は淡いピンク色を基調とし、お店の入り口には両サイド「ヤシの木」と「ソテツの木」、白いパラソルが南国のリゾート地感を演出しております。

もちろんリゾート地の代名詞「テラス席」があるのは当然の事です。

テラス席

店内入り口

Halloweenが近いせいか、店内入り口にジャック・オー・ランタンの飾りがあります。

店内の様子

今回訪れたのは日曜日の11:00頃、私以外に3組程お客さんがいらっしゃいました。

恐らくほぼ観光客でしょう、私がお店にいる間近所のおばさんやおばさんの様な客層が、パンを買いに来る様子は御座いませんでした。

南西の風 店内の様子

店内は茶色や黒を貴重とした作りで、オシャレ感はもちろんですが「高級感」を感じられる内装です。

こんなの宮古島の他のパン屋では見たことが御座いません。

なお、購入したパンは外のテラス席で食べる事が出来ますが、お店の奥にもイートインスペースが御座います。

イートインスペース

イートインスペースは先ほどとは打って変わって白を基調とした落ち着いた内感。

シーズンオフのためで観光客が少ないのかお客さんは1組のみでした。

個人的にはこれぐらい少ない方がいいです。

ガヤガヤしていないせいか、店内は静かでイートインスペースというより、まるで図書館のような感じがします

イートインスペース

どんなパンがあるの?

オシャレなパン屋のパンはもちろん「オシャレ」でした。

パンの値段は250円前後と、宮古島の一般的なパン屋より多少高い気がしましたが、他では味わえないリゾート感です。この料金で特に問題はないかと感じます。



オープンして間もないBAKERY & Cafe「南西の風」、まだまだ多くの方には知られてない場所だと思います。

来年のハイシーズンには認知度もあがり、観光客や地元のお客さんも増えるのではないでしょうか?

口コミ

駐車場

駐車場はお店の目の前の道を挟んで『琉球の風 アイランドマーケット』の駐車場をご利用下さいとの事です。

琉球の風 駐車場

情報まとめ

  • 店名:ベーカリー&カフェ 「南西の風」
  • 場所:沖縄県宮古島市上野字宮国784-1
  • 電話:0980-74-7275
  • 平均予算:1000円前後
  • 営業時間:8:00~16:00
  • 定休日:水曜日
  • 駐車場:有(琉球の風と併用)
  • アクセス:宮古空港から車で15分程
  • ホームページ:公式HP

ランキングサイトに参加中「ポチっと」支援をお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 宮古島(市)情報へ

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です