【宮古島 ランチ】宮古島住民オススメ!白湯系宮古そば「中休味商店」を紹介




「宮古島」でランチをする際、候補に上がるメニューといば「宮古そば」が多い事と思います。

「宮古そば」と言えば「カツオベース」のあっさり出汁が一般的ですが、「中休味商店」の「宮古そば」は鳥ガラベースの「白湯系宮古そば」。

ここ、宮古島には宮古そばで有名な名店がいくつか点在し、シーズン問わず混雑しているお店もありますが、こちら「中休味商店」もその混雑する名店の内の一つです。

しかしこちらは地元の人も行列に並ぶ程のお店、そんな宮古島住民も並んでも入りたい「中休味商店」を紹介。

店舗情報

「中休味商店」は宮古空港から4.3km、車で約8分程の距離にある、食堂です。

平屋のコンクリート造り、台風の影響を受けないようにと大きな看板はなく、壁に「なかやすみ商店」と直書き。

まさに沖縄の昔っからある「食堂の風景」そのものです。

店内の雰囲気

店内は左にテーブル席、右手に座敷席が分かれております。合計で25人程は入れるのではないでしょうか。

座敷席があるので小さいお子さんをお連れの方でも安心ですね。

店内の様子

子連れの方は座敷席を

また、今回私が訪れたのは2018年9月22日土曜日(12:00)、三連休初日のお昼時という事もあり店内は満員状態。

観光客の方や、作業服を着た地元の方等がいらっしゃいました。

右の壁には噂を聞きつけ数々の著名人も訪れているようで、サインが飾られております。

メニュー紹介

「元祖鶏宮古そば」が有名の「中休味商店」ですが、定食メニューも充実。

そばメニュー

定食メニュー

しかも地元客向けのリーズナブルな値段設定。

どれもこれも安くて美味しいですが、初めて訪れる方にはやっぱり「元祖鶏宮古そば」がオススメ。

今回注文したのは「元祖鶏宮古そば」

元祖鶏宮古そば(大)

※メニューには御座いませんが、そばを注文するとライス(中)が付いてきます。

宮古そばで使用されているそばは全て自家製麺。

注文されてからゆで上げる麺は中太麺で一般の宮古そばより弾力があり、スープともよく絡みます。

他にはない白濁としたスープが特徴

弾力のある中太麺

また、あっさりしているけれどコクがあり、飽きることなく飲み干せるスープは、ここでしか味わうことが出来ないでしょう。

なお、宮古そばの食べ方にはお店側の「こだわり」があるようです。

こだわりの順番
① そのまま食べる
② コショウを入れる
③ ラー油を入れる
④ ごはんを入れる

駐車場 トイレ

駐車場

お店のすぐお隣に駐車場が御座います。

15台前後駐車出来るのではないでしょうか。なお、駐車場はアスファルト舗装はしておらずゴツゴツとした石が目立ちます。

トイレ

トイレは男女共同、多目的トイレは無し。トイレの前段には段差も御座います。





写真Deアレコレ

お店の壁に直書きの営業時間

お店の外観と順番を待つお客さん

お店の目の前には宮古島守る君が

まとめ情報

店名:中休味商店
よみ:なかやすみしょうてん
住所:沖縄県宮古島市平良字西里2050−1
電話番号:0980-72-2868
営業時間:11:00~14:30( L.O)
定休日:日曜日
駐車場:あり

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です