めーめ-麺 -宮古島のオシャレな山羊居酒屋




『島のソウルフード「山羊」をもっとカジュアルに、もっとおいしく!』をコンセプトに、山羊の魅力を伝えていくため、宮古島の下里通りに2019年1月にオープンした。「めーめー麺」。

私も【山羊じょーぐー(山羊好き)】の一員として「山羊の味」を伝えていきたいのでご紹介いたします。

アクセス

「めーめー麺」は宮古空港から市街地に向けて約5.5km、車で15分程の距離。

近くには「A&W 宮古下里通り店」や「宮古島市公設市場」があり、周りには多くの商業施設が御座います。

なお、お店は大通りに面しているため、土地勘がない方でもスムーズに行くことが可能です。

お店は白色の外壁、三階建ての一階部分となっております。

宮古島でも有名な「下里大通り」沿いにあるため、目の前の道は交通量が多目です。

残念ながらお店専用の駐車場は御座いません。

さすが「山羊」がコンセプトのお店です。

お店の内外には「山羊の置物」が数体、外からも結構目立つのでいい目印になるでしょう。

店内の様子

店内は「山羊料理・居酒屋」というよりは、おしゃれな「Ber」や「Cafe」といった落ち着いた感じのつくり。

テーブル席が殆どで、あとはカウンター席。残念ながら座敷席はないようです。

こんなオシャレなお店で「山羊料理」が食べられるなんて想像もつきません。

那覇ですらこんなおしゃれな山羊料理屋はないでしょう・・・・。


店内入り口の側に山羊の置物が置いている席がありますが、さすがに恥ずかしくておじさん一人でその席に座る事は出来ませんでした。

(後で写真を見返し際にこの「山羊」が短い脚を組んでいる事を知りました!なんか知りませんがイラっとすますね。笑)

カウンター席に座り、「何を食べようかと」ジーっとメニュー表を見ていたら厨房の奥の方から、独特の匂いが・・・。

おしゃれな店内には似つかない、「山羊の香り」。

この匂いがアウトの方は、山羊料理を食べる事は恐らく難しい事でしょう。

メニュー紹介

「めーめー麺」とうい店名だけあって、麺の種類は多め。

「ココナッツ」・「塩バター」・「カレー」といった「山羊そば」は初めて見ました。

ちなみに、宮古島で「山羊汁」といえば「宮古味噌」を使った「山羊汁」がポピュラーですが、一番人気は「山羊そば・塩」。

「山羊そば・塩」は沖縄本島にでもあるので、宮古島特有の「山羊そば・味噌」を注文しようかなと考えましたが、やはりココは一番人気の「山羊そば・塩」を選択。

一番人気の山羊そば・塩

麺は太麺のもちもち、山羊肉もよく煮込まれていて柔らかく食べやすい。

肝心の出汁はちゃんと山羊の風味も効いていてなお、山羊初心者の方でも飲みやすくまろやかな仕上がり。

ただ居酒屋メニューのせいなのか、少し塩が効きすぎているような・・・・。

次頼む際は事前に「塩少なめ」と言っておこう。

980円(税込み)


ちなみに、現在「インスタグラム」で「めーめー麺」を紹介すると「チャンプルー料理」をプレゼント中との事だったので。

「豆腐チャンプルー」を頂きました。「ありがとうございます!!」

これもまた、味が濃ゆく良いの酒の肴になりそう。

口コミ

まとめ

  • 店名:めーめー麺
  • 場所:沖縄県宮古島市平良下里553−1
  • 電話:0980-72-0510
  • 予算:1000~
  • 営業時間:18:00-24:00(ディナーのみ)
  • 定休日:火水曜日
  • 駐車場:なし

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です